年末の大掃除・・・楽にこなすには?

今日から12月!

大掃除やお正月の準備、年賀状の作成・・・。

新年を迎えるに当たり、色々やらなければならない事は
沢山あります。

その一つが「大掃除」ですね(+o+)

寒いし、面倒だし・・・でもほこりや汚れを貯めたまま
年を越すのも気持ち悪い・・・どうしたらいいの?

毎年末、日頃のだらしなさを悔いながら埃や油汚れと格闘する私ですが

大掃除を楽にするコツをマスターすれば、いつもより丁寧に掃除するだけで終わるようです。

え~っ!そうなの? 今からでも遅くないみたいなので、試してみる価値は有りそうですよ(^_-)-☆

以下「HOUZZ:Rie Horiguchさんの年末の大掃除が劇的に楽になる
今から出来る工夫とアイデア」より

【大掃除は年末にまとめず、年間スケジュールを組む】
★窓ガラスやサッシの溝の掃除は、春や秋に行う
★換気扇の掃除は油汚れが落ちやすい7~8月に行う
★春と秋の寝具の入れ替え時期に、布団を洗う
★衣替えのタイミングでクローゼットの中身を見直す  など

モノの入れ替えのタイミングや、温かい季節に行うだけで
作業がはかどり、年末の大掃除の手間も省けます。

【毎日簡単にできることを増やす】
日々の忙しさに追われ、掃除や片付けに
時間や手間をかけたくないから、まとめて済ませよう!
と思う方は多いでしょう。

でも、ついたばかりの汚れは簡単に落とせても
汚れは時間の経過とともに汚れがこびりついたり
酸化などの影響で、どんどん落ちにくくなっていきます。

入浴後に、浴室の湿気をバスタオルで取り除いておくと
鏡のウロコ汚れや、水栓金具のカルキ汚れに悩まされなくなります。
また、入浴直後に浴槽をスポンジで拭っておけば、毎日のお風呂洗いから開放されます。
洗面のボウルや鏡も、歯を磨きながらさっと拭いておくだけで
改めて掃除の時間を作る必要がなくなります。

掃除は時間をかけてじっくりするより
「◯◯したら3分掃除」と決めておくとよいでしょう。

【汚れが落ちる原理を学ぶ】
住まいの汚れを効果的に落としたいなら、専用の洗剤を使うのが一般的です。
でも、換気扇の掃除は冬より夏場が汚れが落ちやすい、といった
汚れが落ちる原理を知るだけで、頑張っても取れなかった
汚れがするりと取れることも。また、自分では手に負えない汚れは
思い切ってハウスクリーニングの専門家に任せる方法もあります。
コストがかかったとしても、仕上がりは断然きれいで
「苦手なことをやらねばならない」というストレスもありません。
https://www.live-science.com/honkan/partner/sesquicarbonate.html

今や「重層」はお掃除に重用され知らない人はいないと思いますが
ならんで「セスキ炭酸ソーダ」も認知度が高まって来ています。
合成洗剤の上手な活用方法、道具の活用方法などを知ることで
手間を掛けずに「綺麗」が保てるようになると、お掃除も
楽しくなると思いますよ(^。^)y-.。o○

【不用品をためこまない】

毎日忙しい日々を送っていると、「あとでやろう」「まとめてやろう」
と思う機会も多いですから、無理もありません。
でも、この「あとで」「まとめて」の習慣こそが
ものが増え、手に負えなくなる原因。

★不要なDMはすぐ仕分ける
★不要な空箱は紙ゴミコーナーへ
★日用品はパッケージを外して収納棚にしまう 
など不要なものは「あとで」ではなく「今すぐ」
「まとめて」ではなく「少しづつ」手放すようにしてみましょう。

今できることをすぐする習慣が身につくと、年末の大掃除が楽になるだけでなく
日々の暮らしも快適になり、家の中も整います。

大掃除の由来は、一年のすすをはらい、お正月の神様をお迎えする
準備のための行事。「いつもより丁寧に掃除をするだけ」で
新年を気持ちよく迎えられるよう、毎日できることを
少しづつ増やしていきましょう。

どうですか
年末まであと少しですけど、今から心がけて
「大掃除!!」と意気込まず「丁寧な掃除」
といったつもりで、楽しく気持ちよく頑張りましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です